その他

お墓はいらないと考える人が増加 手元供養とは

お墓はいらない?!手元供養が広がりを見せる理由

お墓を建てる費用や手間を考えてお墓は造らずに、手元供養にする方が増えています。

人生100年時代に突入した日本では、寿命が延びた分の生活費、趣味活動、旅行、医療費などの出費が増大。

葬祭費用に使うお金を人生を楽しむ費用や子供や孫に残そうと考えている人が増えてきています。

荒れているお墓をみかけることが多くなってきました。

何百万もかけてお墓を買ったのに、引き継いでくれる子供がいなければ無縁墓となってしまいます。

更に親の方も、子供がいても面倒をかけたくないという思いの方もいらっしゃいます。

「自分らしく」や「子どもに迷惑かけたくない」ということも手元供養につながっている気がします。

手元供養は遺族の思いを形にしたもの

ご遺骨を自宅等におく手元供養が、以前よりも注目されるようになりました。

お墓が遠方にあったり、自分でお墓まで行くことが困難な方が

故人を身近に感じられ、思った時に手を合わせて祈りたい

という思いが形になってきたようです。

 

なによりも家族の離れがたい気持ちを形にでき、いつも身近で思いを語りかけられるのが手元供養です。

現在の法律では、埋葬さえしなければ自宅での保管に規制はないんです。

家に置いておく期間も自由も決められますし、どのような形でもかまいません。

特に地方等では「しきたり」というものがあり、なかなか自分が思うようにはいきませんでした。

でも、最近は「遺骨の埋葬や保管が自由である」ということが知られ始めたことで、手元供養が増えてきたものと思われます。

お骨を入れて身に付けることができる「遺骨ペンダント」や、分骨して手元に置くことが出来る「ミニ骨壷」等が増えてきているのも手元供養が増えてきている証拠ですね。

名入れができるものや、伝統工芸により一つ一つ手作りの心がこもったものなど様々です。



手元供養の問題点

手元供養をするには、メリットばかりではなくデメリットももちろんあります。

手元におくためにもちろん粉骨をするのが前提になると思います。

粉骨してキレイにパウダー状にしてくれるサービスがありますし、業者によっては、立ち合い粉骨や対面受付を行っているところもありますよ。

粉骨は自分ですることもできますが、精神的に負担になる作業なので業者に依頼すべきだと思います。

粉骨費用はだいたい2万から3万ででき、納める容器は様々です。

遺骨を業者に送って、粉骨して送り返してもらうこともできます。

粉骨した場合のメリットとしては、分骨がしやすくなる他、粉骨した方がきれいな白い粉になり供養箱や容器に収めやすくなります。

でも、家に遺骨があることで親しかった人には安心感がありますが、そうでなかった人には違和感が生まれることもあるかもしれませんね。

また一人暮らしで手元供養としていた場合は自分が亡くなった後に他の方に負担をかけてしまうということも念頭に入れておいた方がよさそうです。

そうなるといずれ納骨をしなくてはいけないということになります。

現代の住まいに合わせた供養の仕方

お墓があって仏壇があって・・という代々受け継がれてきた住まいが少なくなってきて、生活様式が変わってきています。

仏壇がない世帯は全体の約60%となり、マンションに限定すると約80%の世帯は仏壇を持っていないそうです。

「仏壇を置くスペースがない」「移住空間に仏壇や遺影を飾りたくない」等が理由です。

親が亡くなり、実家の仏壇の保有を躊躇する方も多いそうです。

今現在の居住空間に合うように、小さな仏壇や小さな骨壺ができて手元供養につながっていったんですね。

今後も手元供養は増えていくものとは思いますが、形は少しずつ変わっていくのかもしれません。



まとめ

私自身も親が高齢となり、今後は遠方にあるお墓や実家にある仏壇に関して考えていかなくてはいけないなとこの記事を書いていて思いました。

納骨をしなくてもいい選択肢があるということも、初めてしりました。

元気なうちに親に意向を聞くのは、縁起でもないと言われそうですが生前にきちんと確認しておくことも大事だなと思います。

分骨の話を進めたり手元供養の準備は生前からしても問題ありません。

終活は若いうちから始めると今後のよりよい人生設計にもつながりますよ。