リセット50歳からの快適生活
離婚調停中。新たな快適生活スタイルを模索中です。
快適生活

「エアドック」はフィルター交換なしで最強空気清浄 ハウスダスト対策にも

これから寒くなるので部屋を閉め切ることが多くなります。

まだまだ心配なコロナウイルスのこともあり、空気清浄機を購入することにしました。

いつも家電を購入する時は種類がたくさんありすぎて迷いますが、たくさんの機能はいらずシンプルなのが一番だと思っています。

いま一番すごいといわれている空気清浄機は、「世界最強」と謳われている「エアドック(Aridog)」。

その証拠に国内8000以上の医療機関が導入しており、自治体のコロナ対策では補助金がでるところもあるくらいなんですよ。

エアドックを購入してよかったことをあげていきます。

即納【日本正規代理店】Airdog X3s 安心の保証充実 高性能空気清浄機 静音設計 たばこ 花粉 PM2.5 ウイルス対応 フィルター交換不要

フィルター交換をなしで楽チン、コストゼロ

一般的な空気清浄機は、「HEPAフィルター」というそうですが、定期的に交換をする必要がありますよね。

そろそろ交換しなくちゃなぁ・・でも結構フィルターだけでも高い!と思ったことありませんか?

エアドックの「TPAフィルター」は交換の必要はなく2か月に一回程水洗いをするだけで購入時の状態を維持することができるんですっ。

掃除

付属品として掃除用ブラシもついていますよ。

手間がかからない上に、フィルターを新しく購入しなくていいのでランニングコストがゼロって重要ですよね。

フィルター性能

引用:PRTIME ※試験機関:Vkan Certification & Testing Co.,Ltd.

このTPAフィルターは、シリコンバレーで開発された米国特許取得の独自テクノロジーなんですって。

一般的なフィルターは悪い空気を吸ってフィルターが目詰まりを起こすために性能も落ちてフィルタ交換しなくてはいけなくなります。

でも、TPAフィルターは汚れた空気の粒子をフィルターを通して徐々に小さくしていって有害物質をプラスイオンで帯電させ、磁石のようにフィルターで除去できるということらしい。

「TPAフィルター」は、電磁場をつくることにより有害物質をプラスイオンで帯電させ、磁石のようにフィルターに汚れを吸着して除去。これにより、一般的な空気清浄機に使用されている紙フィルター「HEPAフィルター」では除去が困難な、ウイルスより細かい0.1μm以下の微細粒子0.0146μmの除去を実現するという。

TPAフィルター

引用:エアドック公式ページ

ウイルスの6分の1の大きさの微細粒子を99.8%の除去可能っていわれても、なかなかピンときませんがとにかくすごいってことです(笑)

空気の汚れが数値と色でわかる

当たり前ですが、空気は見えないものなので汚れているかどうかというのがわかりにくいです。

ほこりが光に当たって見えたり、鼻がムズムズしたりして今は空気がよごれているなというのはあると思いますが、それを数値や色で知ることができます。

airdog x8pro

中型のX5Sでは、数値がはっきりわかりますし、カラーモニターがついており少し離れていても色で空気がきれいかどうかがわかるんです。

緑=キレイ(数値:50以下)
黄緑=普通(51~100)
オレンジ色=汚い(101-150)
赤=とても汚い(151以上)

小型airdog

小型のx3sでは、電源ボタンのすぐ横に小さく表示されますがカラーモニターが下の方についているためある程度距離があっても確認することができます。

通常は、7-11当たりの数値で近くで掃除機をかけると30以上となりました。

また、わざとキッチン近くにもっていき油をつかって揚げ物をすると黄緑になる程度。

赤のとても汚いになるには、かなり環境が悪いところだけだと思います。

このアバウトさはやはりメイドインU.S.Aかなと思いました。

エアドックの種類と価格

エアドックは現在は全部で4種類。

大きい方からいくと「X8Pro(施設・大型オフィス用)」、「X5s(リビング・店舗等用)」、「X3S(会議室・子供部屋向け)」、今後発売予定の「Airdog mini」の4種類です。

エアドックX8Pro プロフェッショナルモデル

X8Proは、適応スペースが139畳(214㎡)で本体が19.4kgということなので、広さがある店舗やオフィス、医療機関等が最適です。

公式ページでの価格は275,000円となっていました。

こちらは日本専用モデルということで、密予防のために二酸化炭素センサーも内蔵されています。

空気の汚れ具合を示すAQIモードと二酸化炭素濃度がわかるCo2モードの切り替えができます。

2021年9月13日に発売されたばかりです。

エアドックX5S フラグシップパフォーマンスモデル

約1年前に最初に発売されたフラグシップとなる機種です。

適応スペースが42畳(65㎡)となっていますし、10.7kgと女性一人でも移動できることからファミリー向けやオフィス向けとなるモデルです。

公式ページでは140,800円ですがいまなら日本上陸一周年記念で106,500円で販売しています。

でも、市場には一番でている機種なので楽天やamazonで購入した方がお得かも。

エアドックX3S コンパクトモデル

一番小さいのは「X3S」ですが、適応スペースが31畳(41.8㎡)となっていますので、ご家庭用でしたらこちらで十分ではないでしょうか。

日本専用モデルで会議室・子供部屋・寝室用です。

4方向から吸気を行い、3方向に排気するシステムです。

空気の汚れ具合が数値と色でわかるモニターは人がいない場所や暗所に設置した場合に自動的にモニター表示とライトがオフになる機能がついています。

公式ページでは97,900円ですが発売記念キャンペーンで79,900円で販売しています。

こちらもX8proと同様で2021年9月13日に発売されたばかりです。

赤ちゃんやペットのいるご家庭にあると安心

これから寒くなってくるので換気が嫌ですよね。

一般的な空気清浄機よりもお値段は張りますが、シンプルでお手入れも簡単。

そして後からフィルターを購入する必要がないのでいいですね。

赤ちゃんやペットのいるお部屋にあるとより安心。

ウィルスサイズイメージ

赤ちゃんがいるご家庭にお勧めしたい理由はもう一つあります。

それはモード切替ができ、音が静かなことなんです。

モード切替は、AUTO→L1(弱)→L2(中)→L3(強)→L4(最強)と切り替えができます。

通常はオートモードでいいと思うのですが、赤ちゃんが眠っている時は弱、大きい方しちゃってオムツ交換の時は最強なんて切り替えもできちゃいます。

ハウスダストアレルギーや花粉症対策にも

コロナ対策のこともありますが、奮発して購入した理由には、私と子供のハウスダストアレルギーにあります。

掃除機をかけたり拭き掃除をいくら頑張っても、やはりチリやダニをすべてとりのぞくことはできません。

息子もアレルギー性鼻炎と喘息をもっています。

毛布や布団をめくる度にクシャミ連発や目のかゆみがあります。

空気清浄器を使用することで空気中のハウスダストを除去することができますし、音が静かであれば24時間使用できますよね。

唯一残念に思うことは加湿機能がないこと。

いままでシャープのプラズマクラスターを使用していましたが、こちらは加湿空気清浄機なので1台ですんでいました。

でも、エアドックは空気清浄専用なので別で加湿器が必要です。

狭いスペースでの配置を考えると厳しいですー。

でも、Airdog購入で寒い冬を快適に過ごす準備O.K.です!