リセット50歳からの快適生活
離婚調停中。新たな快適生活スタイルを模索中です。
その他

「45歳定年制」に思うこと メリット・デメリット

とげとげしい花

「45歳定年制」とは

サントリーホールディングスの新浪社長が、経済同友会のセミナーで「45歳定年制」の導入に言及したことで話題になりました。

えぇ?!まだまだ働けるのにどういうこと?!

と思った人が多かったと思います。

私もそのうちの一人、もう45歳過ぎちゃっているんですけど(-_-;)

なんだか社会から排除されてしまうのではないかという恐怖や疎外感。

一般人からすると、ある程度の地位を築いている人の言葉だけに説得力がないです。

人生100年時代なんていわれて長くなっているのにその半分にも満たない年齢で仕事を絶たれてしまったらどうなってしまうの?!と憤りを感じました。

しかしながら、日本の雇用システムである「終身雇用制」が時代に合わなくなってきているのも確かです。

初めての会社に就職して、そのまま定年まで働き続けるという人が前と比べると確実に減ってきています。

若い世代の中では転職が普通になって、キャリアを広げることができるとむしろ経験値として評価されています。

時代の流れで「転職=よくない事」から「転職=キャリアを広げる場」と変わってきているのは社会に出ている方であれば肌で感じていることと思います。

よって「45歳定年制」に限らず、私たち世代に「会社に頼るな」と言いたいのを少し過激にいった言葉ではないかと察します。

会社の新陳代謝も図れますしね。

窓際族なんて昔はよくいいましたが、お給料が高いのに仕事をしない人って結構いると思います。

会社としてはそういう人を排除したい、もしくは会社の業務の効率が悪い方を切っていきたいという要望が裏にはあるのではないかと思います。

自分が経営者の立場になれば、それは必然と考えてしまうことですよね。



見方を替えればメリット・デメリットも

新浪社長は翌日には、「定年という言葉はまずかった」と述べました。

高年齢雇用安定法では60歳未満の定年禁止となっているとけん制する人もでてきました。

すぐに45歳定年制が施行されることはないですが、世の中にそのようなことを考えている人をがいるということを念頭において生きなければいけないということなのかもしれません。

サラリーマンは会社に頼れない、副業を推奨されるということは会社が面倒をみてくれないといっているようなものです。

新浪社長が言う「いろんな機会で自分の人生を考える仕組みを作るべきだと思う」という言葉も一理あるものだと思います。

焦って憤りを感じたことはデメリットですが、もっと色々と考えなければいけないなと考えさせられたのはメリットですかね。

とげとげしい花

定年制度を廃止する企業が増加

一方で、定年制を無くしていく企業もたくさんあります。

背景にあるのが先ほどと同様の「高年齢者雇用安定法の改正」です。

60歳定年が70歳定年になることにより、いつまでも生き生きと働いてほしいという企業が増えてきている証拠です。

これからの人口減少で人手不足の中小企業が多く、採用がうまくいかないことも影響しています。

新規採用の規模を縮小することで、人材募集に関するコストも削減できます。

会社に所属していた方が強いのは、なんといっても一定のスキルや顧客ネットワークがあるというところを重視している模様です。



ゆるく終活へつなげる

定年という言葉をつかわれると今の仕事をやめなければいけないのではないかという不安から憤りが生れてしまい批判になってものと思われます。

でも、「自分の人生を考えなおす機会をつくる」という面では、よい発言だったのではないかと思います。

色々チャレンジできるのは何歳になってもできますが、やはり少しでも若いうちに行った方が芽が出る可能性は高いです。

残念ながら年齢を重ねると体力も落ちてきますし、向上心ややる気も若い時よりは落ちてきますよね。

年金まであと何十年どうやって生きるかより、期限を決めずに今後どのように生きていきたいかの方が前向きですからね。

「45歳定年制」という言葉に、ちょっと焦ってしまった私ですが、気づきもありました。

難しいことではありますが、「柔軟な考え方」も大事だなと反省する次第です。