終活に関する調査結果は前向き?!20代・30代も考えている終活

終活

楽天インサイトの「終活に関する調査」

楽天インサイトが、「終活に関する調査」の結果を発表しました。

「終活」という言葉を知っていますか?

まずは、「終活を知っていますか?」の回答です。
引用:楽天インサイト
すでに79.3%の方が、知っていると答えています。
知らないとお答えした方は若年層で終活をまだ気にする年齢ではない方や、かなりご高齢の方かもしれないですね。
意外にも、 「終活」をする意向が最も高いのは30代でした。
引用:楽天インサイト
30代は家族や子供ができたり、家を購入したりとライフスタイルの変化が多く、今後について考える機会が多いからではないかと考えられます。
また、終活という言葉が広く使われるようになり死についての選択肢があるということが認識されたため「自分の人生の終わり方は自分で決めたい」という方が増えてきている様です。
このアンケート結果では40代より20代の方が関心が高いという数値がでているのが驚きです。



終活をする理由について

次に、終活をしたいと思っている人に理由を聞いています。(複数回答可)

1位「家族に迷惑をかけたくないから」 →  75.9%

2位「病気や介護生活で寝たきりになった場合に備えるため」 → 46.4%

3位「自分の人生の終わりは自分で決めたいから」→ 38.2%

引用:楽天インサイト

私自身もそうですが終活をしたいと思っている理由は、「家族に迷惑をかけたくない」という思いがやはり1番大きいです。

「終活」という言葉が知られるようになったきっかけも、葬儀費用やお墓が高額であることが、この思いにつながっているのではないかと思います。


終活準備でしておきたいこと

1位 「財産整理」 → 63%

2位 「家の中の荷物整理」 → 56%

3位 「遺書の作成、エンディングノート」 → 43%

財産整理するほど財産はなくても(笑)、クレジットカードや通帳を整理したり自分が亡くなった時に家族がわかるようにしておくことは大事だと思います。

また、「デジタル遺産」といわれているインターネット内でお金を取引するようなサイトのIDやパスワードも管理しておくことが必要です。

どの銀行に口座があったのか、自分が亡くなった後に家族が知らないとお金をおろすこともできなくなってしまいます。

 

また、相続が発生する家やお墓等についても考えて自分の思いを、遺言やエンディングノートに整理しておくと家族の争いごとをなくすることができるかもしれません。

まとめ

終活というと高齢者を連想してしまいますが、案外20代・30代の若者も認識していて将来的には何か行動を起こしたいと思っていることがわかりました。

最近は、家族や子供に迷惑をかけたくないと「墓じまい」をする人も増えている様です。

高齢者の中には生前に戒名を取得したり、万が一のため葬儀社に予約をしている人も少なくありません。

今後も供養の仕方や終活の形が変わってくると思いますが、一番自分らしいと思える最期を考え選択して迎えたいものです。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
終活
しょーこをフォローする
40代からの老活

コメント

タイトルとURLをコピーしました