直葬の費用とサービス内容-簡単なお葬式でいい?

終活

最近は、大規模な葬儀は行わず費用をあまりかけない葬儀が増えてきていることは、皆さんも認識していると思います。

最近よく聞く「直葬」や「火葬式」は、金額の面ではお安くもちろんメリットといえますが、デメリットはどんなことなのか調べてみました。



「直葬プラン」や「火葬式プラン」は「付き添い安置」なし

一般的には、「直葬プラン」が一番お手頃な金額で、その上が「火葬式プラン」となっていることが多い様です。

 

「直葬プラン」だと葬儀会社による「預かり安置」しか選べないため、安置中にご遺体と一緒にいることはできません。

 

「火葬式プラン」にグレードアップすると「預かり安置」と「自宅安置」が選べるようになります。

 

つまり、安置中にご遺体に付き添いたい場合は、最低でも「火葬式プラン」で「自宅安置」を選ばなくてはいけません。

 

さらに、自宅に安置できないけれどご遺体に付き添いたい場合は、「付き添い安置」を選ぶ必要があります。

でも、「直葬プラン」「火葬式プラン」では対応していないことが多いのでグレードをあげないといなくなります。

大半は病院で亡くなりますので、直葬を選択した場合は葬儀社の安置場所に移動されてしまいます。

 

親しい仲であった人とは最期の時を共有したいと思う人が大半ですよね。



料金面のメリットだけ見て直葬を選択すると、後悔することにもなりかねません。

 

結局はご遺体と一緒にいる時間が長いとその分料金がプラスされる仕組みです。

悲しみの中でそんなことを考える余裕は持てないかもしれませんが、頭の片隅においておきましょう。

 

直葬 = 最低限のお葬式(ご遺体へのつきそいは入っていない)

上記を覚えておくといいと思います。

「直葬プラン」「火葬式プラン」ではお経はない

また、『直葬プラン』『火葬式プラン』には、お経が入っていないことが多いです。

読経や戒名は、プランに含まれていないので、もしも頼む場合はプラス料金になります。

例えば、イオンの「火葬式」では、+45,000円で炉前読経・戒名授与ができます。

 

私自身は亡くなってしまった時に何をいっているかわからない読経もいらないと思います。

でも、送り出す側になって考えてみると、お経があった方が心落ち着かせる時間や現実に向き合う時間ができていいなと思ってしまいます。

『直葬プラン』『火葬式プラン』のクレームが多い理由

「直葬プラン」には、ご遺体への付き添いも、読経も戒名もありません。

最低限のお葬式の中身を知らないで申し込む方が多いので、クレームが多くなってしまうことが想像できるかと思います。

 

葬儀を葬儀会社に頼む時は、悲しみが襲ってきてそれどころではないかもしれませんが、心の準備とともにお金の準備も必要です。

 

こういった知識があるかないかで、少しずつ葬儀についての心持ちが違ってくるのではないでしょうか。



まとめ

自分の葬式は直葬にしたいと考えている場合、遺族の中には必ずと言っていいほど反対をする人がでてくると思います。

 

その時のためにすべきことは、遺言にかいておくということです。

 

故人の意思であるということがわかれば、遺族も何もいえなくなると思います。

 

また、直葬ができる葬儀会社を、自分で探しておくこと、「付き添い安置」が必要であるか家族に確認しておくこと等があげられます。

 

そして大事なのは、葬儀費用を貯金しておくことが生きているうちにできることではないかと思います。

 

うーん、なんだか終活って、大変なんだなぁと思ってしまいます(@@;)



にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
終活
しょーこをフォローする
40代からの老活

コメント

タイトルとURLをコピーしました