戒名とは何か。付け方、相場、本当に必要?

終活

戒名とは?

戒名は、亡くなった時に戒名料を納めて、お坊さんからいただく名前です。

仏の世界における故人の名前のことを指します。

戒名が与えられることで仏の世界へ入ることを許されて、同時に仏教の戒律を守る証ともされているようです。

ほとんどの仏教では「戒名」といいますが、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」という言い方をします。

 

いままでとは違う世界で過ごすのだから、違う名前を付けるということでしょうね。

戒名の付け方

お寺のお坊さんがつけるものですが、きちんと付け方がある様です。

位牌や墓石に刻まれる戒名は、

院号・道号・戒名・位号をつなげており、10~15文字程度の長さ

が一般的。

 

★★院  〇〇 ■■ ☆☆

(院号)  (道号) (戒名) (位号)

 

●院号

院号は、寺院や社会に対して非常に大きな貢献をした人に贈られる称号。

戒名の中でも最も高い位です。時代を築くほどに影響力がある人へ付けられるもの。

●道号

道号は、仏教の道を極めた人へ付けられる特別なもので戒名に格式の高さや個性がプラスされます。

●戒名

仏の世界へ行ける証として与えられる名前。

先祖代々伝えられた漢字や、尊敬する人からもらった漢字を用いることが多い。

●位号

位号は性別や年齢によって使い分けられ、胎児や乳児には水子、0~2歳くらいの男女には嬰子(えいし)・嬰女(えいにょ)、3~5歳には孩子(がいし)・孩女(がいにょ)、6~17歳くらいの男女には童子・童女、18歳以上の男女には、信士・信女と付けられます。また、位の高い人には、居士・大姉などの漢字が与えられます。

戒名の金額

日本消費者協会のアンケート結果から、下記の様な表がありました。

2010年のものなので変動はあるかとは思いますが、これどうなんでしょう。。

仏教離れ等の理由の前に、私なら出したくありません(><)

いや、出せませんよ。。。

まとめ

「仏の世界はすべての人が平等」といいながら、戒名の中で院号や道号があって、そこでお金が払えるか払えないかで差別してるじゃない?!

とつっこみたくなりました。

 

私個人は亡くなった後の特別な名前はいらないよ。

別の人になっちゃうみたい。

 

戒名がどうしてこんなにお金がかかるのか、きちんと納得できればお支払していただきたいですが・・・。

もちろん私個人の意見であって、戒名をいただくことを否定しているわけではありませんのでご了承ください。

皆様はどう思われましたか?

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
終活
しょーこをフォローする
40代からの老活

コメント

タイトルとURLをコピーしました